SEOに対策は非ず、更新頻度より中身が大事

アクセス数を増大させる行為の1つにSEO対策というのがあります。
これまでアクセス数を伸ばそうといろんな人がいろんな方法取り組んできましたが、2012年ごろからは某大手のG検索サイトがスパム対策としてペナルティを公表したことで、それらのほとんどは今では使えない方法になりました。
では残された方法で短期間で成果を伸ばせそうなのはどれかということになります。
個人的な趣味で商売でないサイトやブログの場合は、どこかのアクセスアップランキングに登録するなどの方法はあります。
しかし残念なことにビジネスや商売系のサイトに関してはありません。
これらのサイトで真のSEO対策は中身が大事になります。
読んでいて魅力や共感を覚えるような内容がどこまで記載されているかとなります。
そしてもう1つ大事なのは更新頻度は関係ないということです。
アクセス数を集めようと更新頻度を高めても、毎回の書いた内容が薄ければ全体の内容も薄くなってしまいます。
読者は検索サイトや他いろんなところを経由してやってきますが、中身が薄ければ一度ちらっと見ただけで1分経たない間に立ち去ってしまいます。
読んでもらうにはじっくりと全体をが大事で、だからこそ中身の濃いサイトが要求されます。
だからビジネス商売系に小手先の対策は通用しないのです。